望月 龍平

2016.06.08

劇団四季出身 俳優・演出家
株式会社蒼龍舎 代表取締役
NPO法人 OFF OFF BROADWAYJAPAN 代表
滋慶学園東京フィルムセンター映画・俳優専門学校教育顧問

18歳で劇団四季に入団。
「CATS」「ライオンキング」「マンマ・ミーア」
「美女と野獣」「ウエストサイド物語」「エクウス」等に出演、
2008年の退団までにメインキャストとして、2500ステージを踏む。

退団後、渡英。

俳優のみならず、演出家・脚本家、プロデューサーとしてのキャリアをスタート。
帰国後、NPO法人OFF OFF BROADWAY JAPANを設立。
「twelve」、「鏡の法則」、落語「文七元結petit musical」、シベリア抑留と引揚を描いた音楽劇「君よ 生きて」の脚色、演出を手がけ、演劇界の異端児として業界に風穴を空け続けている。
2013年12月には株式会社望月龍平シアターカンパニーを設立(その後、蒼龍舎に社名変更)。

その精力的な活動に、「彼は一体いつ寝ているんだ??」と話題になっている。