7月上演作品 アフタートークイベントゲスト第一弾発表!

2017.06.06

いつもカンパニーの応援ありがとうございます。

7月公演では各公演終了後(7月21日 12時”ママさん・パパさんデー”を除く)、アフターイベントを開催致します!

アフタートークイベントゲストの発表第一弾です!

記念すべき7月公演の最終日、7月30日(日)15時半公演終演後・・・

杉浦貴之さんが御出演されます!

杉浦貴之

 

【プロフィール】

1971年愛知県生まれ。1999年28歳にしてがん宣告。「早くて半年、2年後の生存率0%」と言われる。しかし、病床で「がんを絶対に治す」と決意。2005年、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン『メッセンジャー』を創刊。病床で描き続けた、ホノルルマラソンに出場し、翌日結婚式を挙げるという夢を実現させる。夢を叶えたことで見違えるほど元気になり、トーク&ライブでオリジナルソングを歌いながら、人間の無限の可能性を伝えるようになる。2010~2016年がんサバイバーホノルルマラソンツアーを主宰。「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリーバボー!」など出演。トークライブ、学校での講演、『メッセンジャー』の取材と全国を駆けまわっている。2011年12月「命はそんなにやわじゃない」を出版。http://www.taka-messenger.com/

【望月龍平×杉浦貴之】

“望月龍平談”

実は、これから発表していく豪華ゲストの中で、杉浦さんは実際にまだお目にかかってない人なんです。

でも、杉浦さんの御名前は、御縁のある方から色々お話伺っていて、癌サバイバーとして、生死の淵を彷徨った彼が、その病から得たもの、感じたことを是非直接お聴きしたいというのがあってオファーさせて頂きました。

彼は、癌になって、本当の意味で自分と向き合っただろうし、

命を生き切るということを地でしている彼の奏でる音楽とメッセージに僕は強烈に関心があります。

僕自身、2010年に父を

今年の四月に母を

共に癌で亡くしました。

生前散々ぶつかっていた両親ではありますが、二人ともがそれぞれに、命の際で神々しい何かを感じさせてくれました。

今回は、折しも末期癌から奇跡の復活を果たしたジェイソン・ウィンターズという実在の人物の物語を舞台に描きます。

この物語のベースとなっているジェイソン氏の自叙伝は、実に全世界で1400万部のベストセラーとなっております。

そのアフタートークイベントで、しかもその千秋楽に、杉浦さんと初めてお会いできるのは、、、、

ある意味天の配剤としか想えません。。

なので、むしろその時まで逢いたくありません笑

楽しみにとっておきたい瞬間です。

当日は、杉浦さんのエピソードだけでなく、実際に生演奏が聴けちゃうかもです!!

 

その他の公演回についても、様々なゲストをお呼びしております。随時、ゲストの皆様を発表してまいりますので、お楽しみに!!

公演詳細は下記を御覧下さい。

7月上演作品 「文七元結 the musical!!」「ジェイソン・ウィンターズ物語」

※アフターイベントの参加対象者は、7月30日(日)15時半開演の舞台「ジェイソンウィンターズ物語」をご観劇いただいた方のみとなります

※別途イベント参加費3000円(S席はイベント御招待)

※既に公演をお申し込みでイベント参加を御希望のお客様はryuheicompany.ticket@gmail.comまで「イベント参加追加」と題し、お名前・御観劇日をお送り下さいませ。