7月上演作品 アフタートークイベントゲスト第四弾発表!

2017.06.14

龍平カンパニー7月公演速報!

各公演終了後、素敵なゲストをお迎えしアフタートークイベントを開催致します!

アフタートークイベントゲストの発表第四弾です!7月21日(金)19時公演終演後・・・

喜多川泰さんが御出演されます!

喜多川泰

【プロフィール】

1970年生まれ。愛媛県出身。東京学芸大学卒。’98年に横浜で、笑顔と優しさ挑戦する勇気を育てる学習塾「聡明舎」を創立。人間的成長を重視した、まったく新しい塾として地域で話題となる。2005年から作家としての活動を開始。『賢者の書』にてデビュー。2作目となる『君と会えたから…』は9万部を超えるベストセラーとなった。その後も『手紙屋』『手紙屋蛍雪篇』『「福」に憑かれた男』『心晴日和』など次々と作品を発表。2010年に出版された『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』は12万部を突破し、2013年9月に映画化。全国一斉ロードショーとなる。その後も次々と作品を発表。最新作の『秘密結社Ladybirdと僕の6日間』にて全16作品、国内累計70万部を超えるベストセラー作家となる。「喜多川ワールド」と呼ばれるその独特の世界観は、小学生から80代まで幅広い年齢層から愛され、その影響力は国内に止まらず、現在は多数の作品が台湾・韓国・中国・ベトナムでも翻訳出版されている。執筆活動だけではなく全国各地での講演や、大人が学ぶ「親学塾(しんがくじゅく)」も全国で開催。出会った人の人生を変える講師として人気を博している。

喜多川泰 Official Website
http://www.tegamiya.jp

【望月龍平×喜多川泰】

“望月龍平談”

初めて読んだ彼の著書は「手紙屋」

明け方のビジネスホテルで結末を読んで号泣

その数年後に、比田井和孝さんのお引き合わせで長野県でお逢いすることになる。。

その時のエピソードが喜多川さんのご著書「One World」の巻末に僕の名前入りで記されている。

四季の舞台をよくご覧になる喜多川さんは、カンパニーの舞台やリハーサルにも足繁く通ってくださる。

いずれ喜多川作品を舞台でと目論んでいる喜多川泰ファンの僕ですが、彼独自の視点が如何に魅力的であるかというのを皆さんにも感じていただきたい^_^

 

その他の公演回についても、様々なゲストをお呼びしております。随時、ゲストの皆様を発表してまいりますので、お楽しみに!!

公演詳細は下記を御覧下さい。

7月上演作品 「文七元結 the musical!!」「ジェイソン・ウィンターズ物語」

※アフターイベントの参加対象者は、7月21日(金)19時開演の舞台「文七元結 the musical!!」をご観劇いただいた方のみとなります

※別途イベント参加費3000円(S席はイベント御招待)

※既に公演をお申し込みでイベント参加を御希望のお客様はryuheicompany.ticket@gmail.comまで「イベント参加追加」と題し、お名前・御観劇日をお送り下さいませ。