7月上演作品 アフタートークイベントゲスト第八弾発表!

2017.06.22

龍平カンパニー7月公演速報!

各公演終了後、素敵なゲストをお迎えしアフタートークイベントを開催致します!

アフタートークイベントゲストの発表第八弾です!720日(木)19時公演終演後・・・

 白駒妃登美さん、清水克衛さんが御出演されます!

shirakoma

 

【プロフィール】

株式会社ことほぎ
代表取締役 白駒 妃登美

「志」和ごころ塾、塾長を務める。日本の歴史は「志」のリレーであり、報恩感謝の歴史であることを、心を込めて伝える講演に、「こんな歴史の先生に出会いたかった」と涙する参加者が続出。全国各地での講演、TV・ラジオ出演など、年間200回におよぶ活動を展開している。

【著書】
“人生に悩んだら「日本史」に聞こう”~幸せの種は歴史の中にある~(祥伝社)
“感動する! 日本史”~日本人は逆境をどう生きたか~(KADOKAWA)
“こころに残る現代史”~日本人の知らない日本がある~(KADOKAWA)
“愛されたい!なら日本史に聞こう”~先人に学ぶ「賢者の選択」~(祥伝社)
“子どもの心に光を灯す 日本の偉人の物語”~歴史を学ぶと希望が生まれる~(致知出版社)
“歴史が教えてくれる日本人の生き方” ~日本の歴史は「志」のリレー~(育鵬社)

◆白駒妃登美オフィス“ことほぎ”ホームページ  http://kotohogi2672.com/
◆白駒妃登美Facebookページ“おてんとうさま”  https://www.facebook.com/rekijo/

【望月龍平×白駒妃登美】

望月龍平談

 博多の歴女 白駒妃都美さん

 彼女もまた、、、

 死域を彷徨った人

 何故でしょう、、、

 そういった方の生き方には迷いがない

 そして、想いのまま生きている

 想いのまま行動している

 人は、いずれ死ぬ

 そして、場合によっては突如としてそれは来る

 白駒さんは、その日が来た時に後悔しない選択をし続けている

 そんな人だと想う。

 

shimizu

【プロフィール】

清水克衛 しみず・かつよし

書店「読書のすすめ」代表、逆のものさし講主宰、NPO法人読書普及協会顧問。
昭和36(1961)年東京生まれ。大学在学中、たまたま暇つぶしのために読んだ司馬遼太郎『竜馬がゆく』第5巻との出会いがきっかけで、突如読書に目覚めるとともに、商人を志す。
大手コンビ二エンスストアの店長を10年務めたのち、平成7年に東京都江戸川区篠崎で小さな書店を開業。「10年や20年前の本でも、大正時代に書かれた本であっても、その人が初めて読む本はすべて新刊」という信条のもと、常識にとらわれない知恵と情熱で商いを続けた結果、全国からお客さんが訪れる繁盛店となる。
著書に、『「ブッダを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか。』『非常識な読書のすすめ』(以上、現代書林)『5%の人』『他助論』(以上、サンマーク出版)、『魂の燃焼へ』(執行草舟氏との共著、イースト・プレス)『魂の読書』(育鵬社)など、多数。

公式ブログ「清水克衛の日々是好日」http://ameblo.jp/dokusume/

【望月龍平×清水克衛】

望月龍平談

読書のソムリエ どくすめ清水店長

江戸川区に一風変わった本屋さんがある

読書のすすめ

通称どくすめ

普通、本屋さんって、出版社さんからこれを売ってくださいと指定されてしまうらしいんですけど

この一風変わった本屋さんでは

清水店長が売りたい本しか置いてないのです。

僕も、どくすめに行った時は、その時自分が欲するカテゴリーの本をついつい大人買いをしてしまう。。

読書は、人生を深くする

読書は、生き方を整えてくれる

読書の達人である清水店長の独特な視点は、きっと出逢った人の人生を深くしている

 

その他の公演回についても、様々なゲストをお呼びしております。随時、ゲストの皆様を発表してまいりますので、お楽しみに!!

公演詳細は下記を御覧下さい。

7月上演作品 「文七元結 the musical!!」「ジェイソン・ウィンターズ物語」

※アフターイベントの参加対象者は、7月20日(木)17時開演の舞台「文七元結  the musical!!」をご観劇いただいた方のみとなります

※別途イベント参加費3000円(S席はイベント御招待)

※既に公演をお申し込みでイベント参加を御希望のお客様はryuheicompany.ticket@gmail.comまで「イベント参加追加」と題し、お名前・御観劇日をお送り下さいませ。