学校公演

2016.06.08

龍平カンパニーでは、小学生から高校生までのこれからの日本を担う若者に、舞台観劇や体験授業を通じて「生きることの喜び・感動」「命への感謝」を伝えたい。日本全国の子供たちに学校の体育館や劇場を問わず演劇に触れあって欲しいと願い、学校における公演活動を始めました。
学校公演事業は、龍平カンパニーが企画し、学校からのオファーを直接受け実施しています。 2013年には、大和市立つきみ野中学校の全校生徒に落語をミュージカルにした「文七元結」を、学校の体育館にて上演しました。
観劇した生徒より

「一つ良い事をすると、二つの良い事が帰ってくる”という事を学んだ」
「これからはぼくも、良い事をして良い事がかえってくるような生活がしたい」
「僕らに楽しい世界を見せてくれてありがとう」
「最初から最後まで、全く飽きることがなくとても面白かったです」
「僕は将来なりたいものがいろいろあるけど、役者も悪くないと思った。でも、僕は役者さん達もすごいと思ったけど陰で支える音声さんや照明さんたちがスゴくカッコよかった」
「私はこの芸術鑑賞会をきっかけに、演劇が好きになりました」

などのお声をいただきました。
また、担当の先生からも「中学生向きではない大人の鑑賞に堪える“本物のステージ”を見せていただき、生徒にも先生方にも大評判だった。ある意味で来年の芸術鑑賞の内容を考えると頭が痛い。なぜなら、ここ近年にない素晴らしい芸術鑑賞となったからです。」とのお声も頂戴いたしました。
このような公立学校からの予算は15万円からとコストも厳しく、我々のように一流のプロの役者・スタッフを集めた作品の上演を希望するには難しいのが現状です。しかし、我々の目標は劇団四季や宝塚歌劇団、東宝など大きな舞台を経験している一流と呼ばれる役者、スタッフを集結した“本物”の演劇です。なぜなら、我々の目指すメッセージをより深く伝えたいという事はもちろん、子供の頃に触れ合う世界はその後の人生への心の財産になると考えております。

そこで、我々の主旨に賛同していただける個人や企業と一緒にプロジェクトを企画していきたいと考えております。
学校公演のオファーや賛同していただける方は、龍平カンパニーまでお問合せください。

問い合わせ先 龍平カンパニー 学校公演事業
MAIL:info@ryuheicompany.com もしくはお問い合わせフォーム
TEL:03-6456-0557

公演概要

上演時間 : 1時間半程度(柔軟に対応させていただきます)
脚本・構成・演出 : 望月龍平
出演キャスト : 劇団四季や宝塚歌劇団出身のミュージカル・舞台等で活躍中のプロの俳優で構成
場所 : 体育館や講堂、劇場などの施設をお借り致します。(柔軟な対応をさせていただきます)
美術道具類はカンパニーが搬入させて頂きます。音響機材や照明機材は付帯されているものを使用させて頂きますが、事前の視察で他に必要なものがあった場合にはカンパニーより追加の機材を搬入して対応致します。

学校事業活動実績

2013年 10月
神奈川県大和市立つきみ野中学校 芸術鑑賞会「文七元結petit musical!!」
2014年 7月
福井県福井市 演劇部対象 ワークショップ
9月
東京都町田市鶴川第二小学校 創立50周年イベント 学校オリジナル朗読ミュージカル
10月
鹿島学園 東京都内各キャンパス生 「文七元結 the musical!!」
11月
埼玉県毛呂山町立泉野小学校 芸術鑑賞会「文七元結 the musical!!」
福井県福井市 演劇部対象 ワークショップ
福井県福井市 響のホール 福井市演劇部対象「文七元結the musical!!」
その他多数の演劇部講習会、芝居・ミュージカルワークショップへの講師派遣

龍平カンパニー主宰 望月龍平

「文七元結」は、日本人ならではの情の文化を描いた作品です。
“命の尊さと生きることの感動”を、私たちに投げかけてくれます。
私たち人間は、ともすれば自分や自分の置かれた環境が何か欠けていると考えてしまう。
しかし、本当は喜びと奇跡に満ち溢れた今を私たちは生きているのです。
当たり前のことなど何一つない。今、命あることこそが奇跡なのです。
経済大国といわれる日本では、昨年度27,858人の方がそのうちの587人の未成年の方が自ら命を絶っています。
感動は心の栄養であり、人生をより良く生きるための活力です。
人が自ら命を絶つのは、その感動が人生において欠乏してしまったからではないでしょうか。
私たちは、演劇を通じて生きることの感動を伝えたい。
人生の素晴らしさを、この国の未来を担う子供たちに伝えていきたい。

生きることは芸術である。生きることこそが芸術である。
龍平カンパニー 望月 龍平